カビやコケは中性の場所を好むと前回お伝えしましたが、
具体的にはどんな場所を好むのか上げてみましょう。

  • 北側等日の当たりにくい場所
  • 紫外線が当たりにくい場所に出来やすい傾向があり、
    北側や陰になる日当たりの悪い部分を好みます。

  • 塀や草木の影
  • 塀や草木の影は菌が発生しやすく、
    菌が外壁に付着する事で発生します。

  • 近くに川や湖などがある
  • 近くに川や湖などがあるとどうしても
    湿度が高くなってしまいますので、
    湿度の関係で菌が発生しやすくなり、
    カビやコケ、藻が出来やすくなってしまいます。

  • 周辺に緑が多い
  • カビやコケ、藻は、都市部の住宅街より郊外に
    建っている外壁に発生する事が多くあります。

    その理由は、緑がいっぱいある事で
    カビやコケ、物胞子がいっぱい飛んでいるからです。

    また、庭木がいっぱいあるお宅でも、
    発生する確率が高くなります。

  • ザラザラした外壁表面
  • ザラザラした外壁表面の場合は、
    細かい凹凸部分に雨水などの湿気が残りやすいために、
    カビやコケ、藻の根が張りやすい状態となってしまいます。

    ツルツルした外壁よりも発生しやすいので、
    注意が必要となります。

  • ひさしが浅い若しくは無い
  • ひさしが浅かったり無い場合は、
    雨が外壁に直接当たってしまいます。
    その為、梅雨の時期など雨が多い季節となると
    菌が発生しやすくなり、カビやコケ、藻が
    繁殖しやすくなってしまいます。

外壁の経年劣化により見受けられるものとして、
カビやコケ、藻等があります。

見た目にも汚いですし、いい気はしないですよね。

外壁にカビやコケ、藻はなぜ発生するのか、ご存じでしょうか。

それは、外壁が経年により中性化される状態により発生します。

中性というのは、酸性でもアルカリ性でもない状態です。

中性という状態は、カビやコケ、藻が大好きな絶好の環境です。

カビやコケ、藻は、中性で且つ適度な温度と湿度の状態を好み、
その状態が続く事で徐々に発生しやすくなってしまいます。

カビやコケ、藻は植物ですが、普通の植物とは全く違います。

胞子を飛ばして繁殖しますので、
堅い下地にでも簡単に根を張る事が出来ます。

この様な環境の外壁に、カビやコケ、
藻が出来やすくなってしまいます。

外壁塗装工事の業者を選定する際のポイントもとうとう3回目で最後になります!


  • 見積書の項目に記載せずに「サービスしますよ」と言ってくる業者
  • 例えば、外部足場や外壁洗浄の項目を見積もりに計上せずに、
    サービスして無料で行いますよと言ってくるケースは、
    ロクな塗装工事を行いません。

    工事で行わないといけない作業は、全て見積書に
    記載して計上して請求しなければいけません。

    サービスで作業を行うとしても実際は費用がかかりますので、
    どこかの部分から捻出しなければいけなく、
    結果高い単価での見積書となってしまいます。

    この様な見積書を作る業者は良い仕事をしませんので、
    オススメ出来ません。

  • 聞いた事も無い塗料を見積もりに計上し押してくる業者
  • 一般的な塗装メーカーでも塗料の研究は難しく
    時間がかかるのにもかかわらず、
    わが社で開発した素晴らしい塗料を見積もりしてきました等、
    考えられない事を平気で言う業者が居ます。

    この様な塗料はロクな塗料ではないので、
    絶対に採用してはいけません。
    一般的な日本ペイントやエスケー化研、関西ペイントなどの塗料を
    採用してほしいと言っても譲らない場合は、
    塗装屋さんとして信用できる業者ではありませんので
    お断りをしましょう。

この様に、外壁塗装というのは様々な方向から
見積もり内容や単価に誤差が出てしまう事はよくあります。

その理由は、塗装工事は素人さんにはわかりにくい工種であり、
見積書の書き方によってはよろしくない内容であっても
信用性が高くなり採用される事があるからです。

そのような粗悪な見積書に騙されるお客様は非常に多く、
お安く外壁塗装工事を行ってもらったと喜んでいるのもつかの間、
2~3年で塗膜が剥がれて来たなんてことはよくある話です。

安い外壁塗装工事は、それなりの工事しか
行わない見積書内容となっています。

それを見抜くのは、素人さんではなかなかできないと思います。

粗悪な外壁塗装工事とならない為には、
信用できる地元の業者に工事を依頼する事をオススメします。

間違っても、訪問販売等の信用性が無い業者には
外壁塗装工事を依頼してはいけません。

外壁塗装工事の業者を選定する際のポイントを引き続き行って見ましょう!

  • 塗料のグレード
  • 同じ条件で外壁塗装工事の見積もりを
    行っているのに大きな金額の差がある場合は、
    採用した塗料のグレードが違う場合があります。

    外壁塗装工事に採用する塗料は、指定が無い場合は
    普及品のシリコン塗料を採用する事が大半です。

    常識ある業者は、シリコン塗料で見積もりを作成します。

    極端に安い外壁塗装の見積もりの場合は、
    アクリル塗料などの最低ランクの塗料を
    採用している事があります。

    一般的には見積書の内訳にどの塗料を採用しているかの
    記載がありますが、記載が無い場合はどの塗料を
    採用したのか問い合わせをしてみましょう。

  • 大きな値引きの有無
  • 見積書の最後に大きな値引きがされていると、
    お得と思われるお客様が多くいらっしゃるようです。

    しかし、それは大きな間違いです。

    見積書というのは単価の出し方等が決まっており、
    最終的に端数のみを値引きする作成方法が主流です。

    最後に大きな金額の値引きをしているという事は、
    一般的な単価での見積の作成ではなく、
    わざと大きな単価で見積書を作成して最後に
    大きく値引きをしているという形となります。

    このような見積書の作成方法は一般的な業者では
    有り得ない方法ですので、工事も適切な流れで
    行われない可能性があります。

外壁塗装工事の業者を選定する際のポイントを、まとめてみました。
ポイントは沢山あるので3回くらいに渡ってお伝えすることになると思います。


  • 見積書に最低限の項目があるかどうか
  • 外壁塗装工事というのは様々な工程があり、
    それを全て行う事で外的刺激に負けない
    強固な塗膜を作る事が出来ます。

    安い見積書を作ってくる業者は、
    必要な外壁塗装工程を削除して工事を行う
    ケースも少なく無いようです。

    外部足場、外壁洗浄、素じごしらえ、コーキング、
    下塗り、塗装工程、この4つは最低限必要な工程となります。

  • コーキングの打ち直しの有無
  • コーキングが施工されている外壁の場合、
    外壁塗装工事を行うタイミングでコーキングの
    打ち直しも行わなければいけません。

    お安い外壁塗装工事の見積書の場合は、
    コーキングの打ち直しの費用が計上されていない
    場合がありますのでチェックしましょう。

    また、コーキング施工の記載があっても、
    その施工方法もとても大事となります。

    お安いコーキング施工の場合は、打ち増しの場合があります。
    コーキングは同じ素材種類のコーキングであっても、
    古いものと新しい物とは付着しません。

    その為、既存の古いコーキングは綺麗に取り除いた後、
    新しいコーキングを打ち直ししなければいけません。

    必ず打ち直しなのかどうかをチェックし、
    コーキング施工の上に塗装を行う工程にしてもらいましょう。

    コーキングは耐候性が低いので、
    その上に塗装を重ねる事で耐候性が高いコーキングにする事が出来ます。

  • 塗装の回数をチェック
  • 外壁塗装の塗装回数の基本は、下塗りに中塗りと上塗りの
    塗装工程の、合計3回となります。

    この塗布回数が基本となり、既存の外壁の状態によって
    塗布回数を増やしていきます。

    お安い見積書の場合は、下塗りが無かったり
    塗装工程が上塗りの1回のみになっている事があります。

    外壁の状態が良いから回数を減らしてもいいという
    業者も居るようですが、これは大きな間違いです。

    最低限合計3回の塗装が基本になる事を、覚えておきましょう。

外壁塗装といえば、外壁の面積が広いので
工事の費用は高額になってしまいます。

一般的な外壁面積で普及品の外壁塗装を使った場合
100万円程度かかり、塗料のグレードアップをする事で
150万円以上になってしまう事もあります。

外壁塗装工事を行うという事は、一大イベントと言えます。

そんな外壁塗装工事を行う時に思う事といえば、
出来るだけお安く費用を抑えたいという事ではないでしょうか。

何でもそうですが、お安く抑える事が出来ると
とてもお得と思うものですよね。

複数の業者に相見積もりを取って、
1番お安い業者に決めるのはお得と思われるかもしれません。

しかし、それは100%良い決断ではない場合があります。

お安い外壁塗装工事の場合、本来含まれていなければいけない
項目が無かったり内容に不足がある場合もあります。

全てが万全な状態の見積書の中で、
1番お安い業者を選定する事が理想となります。

そのためにも、相場を知っていなければなりません。
外壁塗装 相場をチェックする
こちらは10秒で相場がわかるので便利です。
相場を知って見積もりをチェックしてみましょう。

次回見積もりのチェックポイントをお伝えしていきます!

鉄筋コンクリート造のクラック補修の場合、
外部足場を設置した補修となります。

クラック補修の際はどうしても補修箇所が目立ってしまい、
且つ足場を掛けて補修を行うので、
出来れば外壁塗装工事も行って綺麗に仕上げるようにしましょう。

よく、鉄筋コンクリート造のクラック補修のみをして
完成している建物を見かける事がありますが、
クラック補修しかしていないので補修箇所が
目立ってしまい、見た目に良くありません。

その上から綺麗に塗装工事を行う事で、
見た目も綺麗によみがえります。

クラック補修の際にオススメの塗装は、模様付けの塗装です。

クラック補修をしたという事で、
どうしても表面が平らに仕上がりにくい傾向があります。

わざわざ平らにしようとはせず、
模様付けの塗装でカッコよく仕上げてみましょう。

膜厚が厚い塗装がオススメであり、
吹付けタイルやジョリパットなどにするとよいでしょう。

弾性が高い塗料を採用すると、
再度クラックが発生しても塗膜がゴムのように伸びるので、
雨漏り等の不具合がおきにくい外壁とする事が出来ます。

外壁を確認して、明らかなクラックがある場合は補修が必要となります。

鉄筋コンクリートは頑丈な躯体ですので、
少しのクラック程度であれば問題ないと
勘違いされる方も多いようですが、それは大きな間違いです。

軽度の状態で補修をすれば少ない費用で済みますので、
変だなと思ったらすぐに業者に問い合わせするようにしましょう。

クラックを補修して定期的に外壁塗装を行っていく事で、
丈夫な建物を維持する事に繋げる事が出来ます。

50年100年と長持ちできる建物を作る為には、
クラック補修と外壁塗装はとても大事となります。

クラックの補修は、クラックの太さにより対処方法が違います。

0.5㎜未満のクラックの場合は、
フィラーを刷り込んで塗布し平らにするだけでOKです。

0.5㎜以上のクラックの場合は、
コーキング処理若しくはエポキシ樹脂注入により補修を行います。
方法は、このような2つの方法により行っていきます。

① Uカット工法

  • Uカット処理
  • 電動カッターを用いて、クラック幅を10㎜×10㎜程度に
    Uカット処理し、綺麗に清掃します。
  • コーキング施工に先立ち、プライマーを塗布します。
  • 2液形コーキングを、充填します。
  • コーキングが硬化した後、カチオンフィラーで平らに仕上げます。
  • フィラーとは、ドロドロとした下塗り材であり、
    塗膜厚が厚くなる肉厚によりクラックを平らにして補修します。

② エポキシ樹脂注入工法
  • φ5㎜の電動ドリルで、コンクリートの裏側に達するまで注入孔をあけて、
    圧縮空気を吹き付けてコンクリート粉末を綺麗に清掃します。
  • 注入孔の位置に、注入台座を取り付けます。
  • クラック部分にプライマーを塗布し、
    厚さ2㎜程度になるように2液性コーキングを充填します。
  • 低圧ポンプ若しくは注入器具を用いて、エポキシ樹脂を充填します。
  • エポキシ樹脂硬化後、注入器具を取り除きます。

この様なクラック補修施工は、特殊な作業となります。
その為、外壁塗装や防水工事の職人さんであれば誰でも行える事ではありません。

特に、エポキシ樹脂の作業というのは材料を規定通りに
扱って施工を行う事で効果を発揮させる事へと繋がりますので、
クラックの専門家である職人さんに工事を依頼しなければなりません。

訪問販売等の業者に外壁クラックを
指摘されて施工をお願いするお客様も居るようですが、
エポキシ樹脂の施工は有資格者しか
出来ませんので絶対に依頼しないようにしましょう。

エポキシ樹脂施工の場合、国家資格における
樹脂接着剤注入技能士という資格があります。

樹脂接着剤注入技能士を最低でも1人置いて
工事を行わないといけませんので、
エポキシ樹脂の工事を行う場合は、
有資格者の有無を確認するようにしましょう。

クラックの補修をしても
本当に状態が復活するのかと、
疑問に思われる方も
いらっしゃると思います。

クラック補修する事で
得られる事といえば、
これの2つが挙げられます。

  • コンクリート自体の耐久性や防水性の性能の復活
  • 鉄筋コンクリート自体の耐力低下の復活

出来てしまった穴をふさぐ事と一緒ですので、
穴をふさいで余計な侵入を防がなくてはいけません。

クラック補修をしなければならない状態とは、
これらの状態が挙げられます。

これらの状態が見受けられましたら、
クラック補修をしなければいけないサインとなります。

  • クラックによりコンクリート落下の恐れがある状態
  • クラックが見受けられ、進行する恐れがある状態

クラック補修をしなければいけない
目安としては、名刺がクラックに
入るか入らないかです。

名刺が入らない程度の太さのクラックは、
補修の必要がありません。

名刺が入るほどの太さのクラックは、
補修を行わなければいけない太さとなります。

名刺さえ持っていればどなたでも
出来る確認ですので、
ご自分でも確認してみるようにしましょう。

鉄筋コンクリート造の建物の外壁に
よく見かける不具合といえば、
クラックではないでしょうか。

鉄筋コンクリート造の場合、
躯体の乾燥によってある程度の
クラックが発生してしまう事は
避ける事が出来ません。

しかし、長く放置しておくと
大変な事になってしまいます。

外壁塗膜に軽微なヘアクラック程度の
細いクラックであれば、
表面に薄くクラックが出来た程度
ですので全く問題ありません。

しかし、ヘアクラック以上の太さの
クラックを放置しておくと、
このような恐ろしい事へと発展してしまいます。

  • コンクリートの中性化
  • 空気の中にある炭酸ガスや湿気や
    雨水等の侵入により、コンクリートが
    中性化してしまいます。

    中性化が進んでしまうと、
    コンクリート自体の耐力へ影響を
    与えてしまい、コンクリートとしての
    本来の強さを失ってしまいます。

  • 鉄筋が錆びる
  • コンクリートの中性化を放っておくと、
    やがて中の鉄筋にまで及びます。

    鉄筋が錆びてしまい、鉄筋の効果を
    発揮出来なくなってしまいます。

  • 雨漏りに繋がる
  • クラックが深く浸透してしまうと、
    雨水を建物内部にまで浸透させてしまい
    雨漏りへとつなげてしまいます。

この様な重度な状態にならない為には、
適切なクラックの補修が必要となります。