アクリル塗料の特徴

安価ながら採用されなくなったアクリル塗料の特徴

塗料の1番下のグレートに、アクリル塗料
という塗料があります。

アクリル塗料というのは30年前以上に
とても大活躍した塗料であり、
昔の建物の外壁に多く使われて来た塗料です。
しかし、ここ数年はあまり表に出ない塗料となりました。
そんなアクリル塗料にも、気づかれていない
素晴らしい魅力があります。
アクリル塗料というのはどのような塗料なのか、
ご紹介をいたします。

  • アクリル塗料とはどのような塗料なのか

  • アクリル塗料は、アクリル系の合成樹脂を
    主成分とした塗料です。
    一昔前は安くて性能が良い塗料として重宝されたのですが、
    ここ数年はシリコン塗料やフッ素系塗料などの塗料が
    主流となってきたため、下火になってしまった塗料です。

  • アクリル塗料のメリット

  • アクリル塗料のメリットは、これらが挙げられます。

    ・安価な塗料
     塗料の中では1番安価な塗料であり、
     採用しやすい塗料です。
     数年で塗り替えをして気分転換したい方には、
     価格がお安いのでオススメです。

    ・透湿性が高い
     透湿性の高い塗膜とする事が出来ますので、
     室内の湿気を外部に流す事が出来る作用があります。
     また、湿気が溜まりやすい内部のお部屋では、
     湿気を外部に流す事が出来ますのでオススメです。

    ・作業性に富んでいる
     扱いやすい塗料ですので、DIYで簡単に扱う事が出来ます。

    ・綺麗なツヤを発揮する
     綺麗なツヤを発揮する事が出来ますので、
     ツヤ有りが好みな方にはオススメの塗料です。

    ・色合いをはっきり出す
     ハッキリとした色合いを出しますので、
     ぼやけた色合いが好みじゃない方には
     アクリル塗料がオススメです。
     また、外壁塗装のアクセントとして
     目立たせたい部分にのみアクリル塗料を
     採用される場合もあります。

    このように、安価な割にはメリットも多くあります。
    安くて寿命が短い塗料でおなじみのアクリル塗料ですが、
    これらのメリットに目を向けると案外
    悪くない塗料という事がわかります。

  • アクリル塗料のデメリット

  • アクリル塗料のデメリットは、これらが挙げられます。

    ・耐久性が著しく低い
     耐久性に乏しく、3~5年ほどしか持ちません。
     頻繁に塗替えが必要となりますので、
     足場など仮設費用が多くかかってしまいます。

    ・堅い塗膜なのでクラックが出やすい
     堅い塗膜となりますので、塗布当時はかっちりしていて
     カッコよいのですが、経年劣化等により建物に動きが
     生じてしまった場合にクラックが出やすくなってしまいます。

    ・コスパが良くない
     お安い塗料ではありますが、頻繁にメンテナンスが
     必要になってしまいます。
     初期費用はお安いですが、メンテナンスの多さから
     考えるとコスパが高くなってしまいます。

    メリットもある塗料ではありますが、
    残念ながらデメリットも多くあります。
    捉え方によっては上手く活用できる塗料ですので、
    全く使い所が無い塗料とは言い切れません。