ツヤ消し塗料とツヤ有り塗料

ツヤ消し塗料とツヤ有り塗料はどっちがいいの?

外壁塗装工事を行う際に検討すべき事項の中に、
塗膜のツヤの度合いがあります。
せっかく外壁を塗り直すのですから、
理想のツヤの塗膜に仕上げたいですよね。
でも、どんなツヤが理想なのか
見当がつかない方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、ツヤ有りとツヤなしの
塗料の特徴について、詳しくご紹介致します。

  • ツヤとは

  • ツヤとは、光が反射した際の光の強さを
    数値化した物を光沢度といい、
    光沢度の違いによりツヤの名称が変わります。
    現在大手メーカーから出ている塗料のツヤは、
    大きく分けてこの5つがあります。

    ・光沢度70以上 ツヤ有り 
     ピッカピカのツヤにしたい場合は、
     ツヤ有りがオススメです

    ・光沢度60前後 7分ツヤ
     ピッカピカまではいかないけれどつやがある方が
     好きな方は、7分ツヤがオススメです。

    ・光沢度35程度 5分ツヤ(半ツヤ)
     ある程度の光沢を発揮したい場合は、
     5分ツヤがオススメです。

    ・光沢度15前後 3分ツヤ
     ほんのりツヤがある程度の塗膜にしたい場合は、
     3分ツヤがオススメです。

    ・光沢度5以下 ツヤ無し(マット)
     ツヤ有りが好みじゃない場合は、
     ツヤ無しがオススメです。

    となります。
    この様に比較していくと、ツヤ無しでも
    多少の光沢度がある事がわかります。
    50前後や20前後の光沢のツヤ名称の記載は
    大手塗料メーカーにはありませんので、
    ほぼ使う事が無い名称となります。
    大まかには、これらの5種類のツヤの名称が
    一般的となります。

  • ツヤの選択をする際に間違った伝え方をしない

  • ツヤの選択は先に記載しました5種類がありますが、
    ツヤの種類の伝え方を間違ってしまい
    失敗してしまったというお客様も少なくありません。
    例を挙げますと、7分ツヤの場合は3割ツヤ無しの
    塗膜となるのですが、言い間違えをしてしまい
    7分ツヤ無しと言ってしまうお客様も居るようで、
    この場合3分ツヤの完成となってしまいます。
    ツヤ無しという言い回しは1つのツヤしかなく、
    ツヤがある場合は必ず「アリ」という言葉を
    使わなくてはいけませんので、勘違いしないようにしましょう。
    ツヤの選定の行き違いは、塗装工事が完了するまで
    気が付かない場合もあります。
    ツヤ有りを選定する場合は、わかりやすい言い方で
    相手に伝えるようにしましょう。

  • ツヤは工場にて調整しているので現場調整は出来ない

  • 塗料のツヤとは、事前にツヤの度合いを
    選択して塗料を発注するという形となります。
    したがって、塗料が手元に届いてから
    職人さんがツヤの度合いを調節する事は出来ません。
    その為、塗料選択の際にどのような
    ツヤを発揮する塗料なのかを確認しなければいけません。

  • ツヤの種類はどの塗料でも選択可能ではない

  • ツヤの種類は、どの塗料でも選択可能な訳ではありません。
    その塗料の性質によって、ツヤの度合いが決まっています。
    5種類全てのツヤの選択が出来る塗料が
    ある場合もありますし、1種類のツヤしかない塗料もあります。
    塗料選択の際は、ツヤの有無も問い合わせて
    選ぶようにすると良いでしょう。

  • 水性と油性によってツヤの差がある訳ではない

  • また、大きく勘違いされているツヤの定義として
    多くあるのは、水性塗料と油性塗料に
    ツヤの差があると思われている事です。
    水性塗料だからツヤが無く、油性塗料だから
    ツヤがあると勘違いされている方もいらっしゃいます。
    ツヤの度合いは塗料の内容によりますので、
    水性だから油性だからと性質の差によるツヤの差
    というのはありませんので、勘違いしないようにしましょう。