塗料の1番下のグレートに、アクリル塗料
という塗料があります。

アクリル塗料というのは30年前以上に
とても大活躍した塗料であり、
昔の建物の外壁に多く使われて来た塗料です。
しかし、ここ数年はあまり表に出ない塗料となりました。
そんなアクリル塗料にも、気づかれていない
素晴らしい魅力があります。
アクリル塗料というのはどのような塗料なのか、
ご紹介をいたします。

  • アクリル塗料とはどのような塗料なのか

  • アクリル塗料は、アクリル系の合成樹脂を
    主成分とした塗料です。
    一昔前は安くて性能が良い塗料として重宝されたのですが、
    ここ数年はシリコン塗料やフッ素系塗料などの塗料が
    主流となってきたため、下火になってしまった塗料です。

  • アクリル塗料のメリット

  • アクリル塗料のメリットは、これらが挙げられます。

    ・安価な塗料
     塗料の中では1番安価な塗料であり、
     採用しやすい塗料です。
     数年で塗り替えをして気分転換したい方には、
     価格がお安いのでオススメです。

    ・透湿性が高い
     透湿性の高い塗膜とする事が出来ますので、
     室内の湿気を外部に流す事が出来る作用があります。
     また、湿気が溜まりやすい内部のお部屋では、
     湿気を外部に流す事が出来ますのでオススメです。

    ・作業性に富んでいる
     扱いやすい塗料ですので、DIYで簡単に扱う事が出来ます。

    ・綺麗なツヤを発揮する
     綺麗なツヤを発揮する事が出来ますので、
     ツヤ有りが好みな方にはオススメの塗料です。

    ・色合いをはっきり出す
     ハッキリとした色合いを出しますので、
     ぼやけた色合いが好みじゃない方には
     アクリル塗料がオススメです。
     また、外壁塗装のアクセントとして
     目立たせたい部分にのみアクリル塗料を
     採用される場合もあります。

    このように、安価な割にはメリットも多くあります。
    安くて寿命が短い塗料でおなじみのアクリル塗料ですが、
    これらのメリットに目を向けると案外
    悪くない塗料という事がわかります。

  • アクリル塗料のデメリット

  • アクリル塗料のデメリットは、これらが挙げられます。

    ・耐久性が著しく低い
     耐久性に乏しく、3~5年ほどしか持ちません。
     頻繁に塗替えが必要となりますので、
     足場など仮設費用が多くかかってしまいます。

    ・堅い塗膜なのでクラックが出やすい
     堅い塗膜となりますので、塗布当時はかっちりしていて
     カッコよいのですが、経年劣化等により建物に動きが
     生じてしまった場合にクラックが出やすくなってしまいます。

    ・コスパが良くない
     お安い塗料ではありますが、頻繁にメンテナンスが
     必要になってしまいます。
     初期費用はお安いですが、メンテナンスの多さから
     考えるとコスパが高くなってしまいます。

    メリットもある塗料ではありますが、
    残念ながらデメリットも多くあります。
    捉え方によっては上手く活用できる塗料ですので、
    全く使い所が無い塗料とは言い切れません。

ツヤについてどちらがいいのかお伝えしましたが、
見た目だけではなく、
実際の機能や効果は度違が優れているのでしょうか。
実際の効果と注意点について次にあげます。

  • ツヤ有りとツヤ消しどっちのツヤが塗膜として優れているのか

  • ツヤ有りとツヤ消しの塗料、どちらが外壁塗料として
    優れているのか、それはツヤ有り塗料です。
    なぜツヤ有り塗料の方が耐久性に富んでいるのか、
    それにはこれらの理由があるからです。

    ▼本来必要ではない成分が配合されている。
     ツヤ無しアリの塗料の作り方の差は、
     添加剤の配合の差です。

     本来塗料はツヤがある塗料が多く、
     ツヤ有り塗料に調整剤などの添加剤を混ぜる事で
     ツヤを抑えてツヤ無し塗料とします。
     一般的に、ツヤ消し添加剤といいます。
     添加剤という言葉を聞いて思う通り、
     添加剤を配合する事により塗料の強度は
     多少落ちてしまいます。

     添加剤を入れる前の塗料は純粋な塗料で
     あるがために、強度が強い状態とする事が出来ます。
     純粋な塗料に本来必要が無い添加剤を混ぜるので、
     塗料としての完成度は若干ですが落ちてしまいます。
     また、ツヤ無し塗料の中には元から
     ツヤ無し塗料の物もあります。

     元からツヤ無しの塗料には、添加剤が混ざっていません。
     その為、耐久性に関してはツヤ有り塗料と
     同等の効果を発揮させる事が出来ます。
     メーカーのHPの塗料の詳細に塗料の状態が
     記載ありますので、その記載がツヤ無しであれば
     元からツヤ無し塗料という証拠となります。

    ▼汚れやすい塗膜
     ツヤ有りと違う部分は、表面が
     ツルンとしていない事です。
     その為、塗膜が汚れを掴みやすく
     汚れやすい塗膜となってしまいます。
     汚れが付着しやすくなってしまうと、
     塗膜劣化へとつなげてしまいます。

    ▼水はけが良くない
     ツヤ無し塗膜は雨水等の水もキャッチしやすく
     なってしまいますので、雨漏りがしやすくなってしまいます。
     また、塗膜が湿潤状態になりやすいので、
     カビや藻、コケが発生しやすくなってしまいます。

    これらを踏まえると、良い塗膜を作る為には
    ツヤ有り塗料に軍配が上がると言えます。

  • ツヤ有り塗料、ツヤ調整塗料、無調整のツヤ消し塗料の比較

  • 最後に、ツヤ有り塗料とツヤを調整した塗料、
    無調整のツヤ消し塗料の特徴の比較をしてみます。

    ▼ツヤ有り塗料 
     ・ピッカピカの綺麗な塗膜とする事が出来る。
     ・外壁の凹凸が強調されてスタイリッシュになる。
     ・親水効果を発揮する
     ・ツヤの効果は、あっても3年程度
     ・人によっては安っぽさを感じる

    ▼ツヤ調整塗料
     ・添加剤配合により、好みのツヤに仕上げる事が出来る。
     ・添加剤を配合出来る塗料であればどんな塗料でも
      ツヤ調整が出来るので、塗料の選択肢が広がる
     ・塗料の効果が落ちてしまう。

    ▼ツヤ無調整塗料
     ・ツヤが無いので落ち着いた雰囲気を作る
     ・目立ちにくく周りに溶け込む外観となる
     ・汚れが着きやすい
     ・塗料の数が少ない
     ・地味に見える

  • ツヤ有り塗料を塗布する時は環境に大きく左右されるので注意

  • ツヤ有り塗料を選択した場合は、
    塗布の際の環境が大事となります。
    湿度が多い時に塗布してしまうと、
    ツヤ引けやかぶりが発生してしまいます。
    ツヤ引けやかぶりは、湿気により塗料が
    乾ききる前に問題が生じてしまい、
    ツヤが上手く出なくなったり白っぽく
    なってしまう現象です。
    夏場の湿度の高い時期や温度の寒暖の差が
    激しい地域では良く起きてしまう現象であり、
    せっかくの選んだツヤが台無しになってしまう事があります。
    乾燥した状態で良く乾かす事が重要となりますので、
    塗装の際には環境に注意して
    塗装工事を進めなくてはいけません。

  • ツヤ有り塗料の推進塗布順番

  • 朝から塗装工事を始める場合は、塗料メーカーが
    推進する早く乾く順番に従って塗装を進めるように
    すると良いでしょう。
    東面、南面、西面、北面の順番が、
    理想と言われています。
    東面は午前中に良く日が当たる場所でありますので、
    1番先に塗る事が大事となります。

  • 耐久性はツヤ有りだが最終的には好みで選ぶべき

  • 塗膜の耐久性だけを考えると、
    断然ツヤ有り塗料をオススメします。
    しかし、人には様々な好みというものがありますので、
    耐久性がいくら良いと言われてもツヤは絶対に
    好まないという方もいらっしゃいます。
    最終的には塗装は見た目の問題となりますので、
    耐久性が乏しくてもツヤ無しを選びたいと思うのであれば、
    ツヤ無し塗料をオススメします。
    光沢というのは好みがわかれるものですので、
    無理に押し付けられて選ぶ必要はありません。
    ツヤ無し塗料というのは、ツヤの無い塗料がいいという
    お客様の声を取り入れて作られた塗料です。
    その為、ツヤの最終的選択は、好みで決めて良いものといえます。
    メンテナンスの期間が少し早まるだけの話ですので、
    ご自分で満足できる外壁塗膜を作りあげるようにしましょう。

外壁塗装工事を行う際に検討すべき事項の中に、
塗膜のツヤの度合いがあります。
せっかく外壁を塗り直すのですから、
理想のツヤの塗膜に仕上げたいですよね。
でも、どんなツヤが理想なのか
見当がつかない方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、ツヤ有りとツヤなしの
塗料の特徴について、詳しくご紹介致します。

  • ツヤとは

  • ツヤとは、光が反射した際の光の強さを
    数値化した物を光沢度といい、
    光沢度の違いによりツヤの名称が変わります。
    現在大手メーカーから出ている塗料のツヤは、
    大きく分けてこの5つがあります。

    ・光沢度70以上 ツヤ有り 
     ピッカピカのツヤにしたい場合は、
     ツヤ有りがオススメです

    ・光沢度60前後 7分ツヤ
     ピッカピカまではいかないけれどつやがある方が
     好きな方は、7分ツヤがオススメです。

    ・光沢度35程度 5分ツヤ(半ツヤ)
     ある程度の光沢を発揮したい場合は、
     5分ツヤがオススメです。

    ・光沢度15前後 3分ツヤ
     ほんのりツヤがある程度の塗膜にしたい場合は、
     3分ツヤがオススメです。

    ・光沢度5以下 ツヤ無し(マット)
     ツヤ有りが好みじゃない場合は、
     ツヤ無しがオススメです。

    となります。
    この様に比較していくと、ツヤ無しでも
    多少の光沢度がある事がわかります。
    50前後や20前後の光沢のツヤ名称の記載は
    大手塗料メーカーにはありませんので、
    ほぼ使う事が無い名称となります。
    大まかには、これらの5種類のツヤの名称が
    一般的となります。

  • ツヤの選択をする際に間違った伝え方をしない

  • ツヤの選択は先に記載しました5種類がありますが、
    ツヤの種類の伝え方を間違ってしまい
    失敗してしまったというお客様も少なくありません。
    例を挙げますと、7分ツヤの場合は3割ツヤ無しの
    塗膜となるのですが、言い間違えをしてしまい
    7分ツヤ無しと言ってしまうお客様も居るようで、
    この場合3分ツヤの完成となってしまいます。
    ツヤ無しという言い回しは1つのツヤしかなく、
    ツヤがある場合は必ず「アリ」という言葉を
    使わなくてはいけませんので、勘違いしないようにしましょう。
    ツヤの選定の行き違いは、塗装工事が完了するまで
    気が付かない場合もあります。
    ツヤ有りを選定する場合は、わかりやすい言い方で
    相手に伝えるようにしましょう。

  • ツヤは工場にて調整しているので現場調整は出来ない

  • 塗料のツヤとは、事前にツヤの度合いを
    選択して塗料を発注するという形となります。
    したがって、塗料が手元に届いてから
    職人さんがツヤの度合いを調節する事は出来ません。
    その為、塗料選択の際にどのような
    ツヤを発揮する塗料なのかを確認しなければいけません。

  • ツヤの種類はどの塗料でも選択可能ではない

  • ツヤの種類は、どの塗料でも選択可能な訳ではありません。
    その塗料の性質によって、ツヤの度合いが決まっています。
    5種類全てのツヤの選択が出来る塗料が
    ある場合もありますし、1種類のツヤしかない塗料もあります。
    塗料選択の際は、ツヤの有無も問い合わせて
    選ぶようにすると良いでしょう。

  • 水性と油性によってツヤの差がある訳ではない

  • また、大きく勘違いされているツヤの定義として
    多くあるのは、水性塗料と油性塗料に
    ツヤの差があると思われている事です。
    水性塗料だからツヤが無く、油性塗料だから
    ツヤがあると勘違いされている方もいらっしゃいます。
    ツヤの度合いは塗料の内容によりますので、
    水性だから油性だからと性質の差によるツヤの差
    というのはありませんので、勘違いしないようにしましょう。