サイディング塗装のメンテナンス

サイディング塗装のメンテナンスで他に気になる点

サイディング塗装のメンテナンスについて、
前回お話ししました。
一般的な塗装部分以外にも目を向ける点を
次にあげてみました。

  • 高耐久塗料に目を向けてみよう。

  • 塗料というのは様々なグレードがあり、
    グレードにより発揮する効果は全く違います。
    一般的な普及品のシリコン塗料で、
    ㎡当たり2,000~3,500円程となります。
    そこで塗替え時に注目してほしいのが
    、高耐久塗料です。
    フッ素系塗料や無機塗料、光触媒塗料等、
    近年は様々な高耐久塗料が販売されています。
    およそ㎡当たり5,000円程度ですのでシリコン塗料と
    比べると単価にかなりの差がありますが、
    寿命が15~20年ほどあります。
    1度の塗装費用はお高くなりますが、
    長期的に考えると塗装メンテナンスの頻度が
    明らかに少なくなりますので、
    コスト削減に繋げる事が出来ます。

  • 窯業系サイディングに適していない塗装

  • 窯業系のサイディングに唯一適していない塗料は、
    弾性塗料です。
    弾性塗料は文字通りゴムのように伸びる塗膜を
    作る事が出来る塗料であり、
    万が一外壁にクラックが生じても塗膜がゴムのように
    伸びるので、表面上クラックを見せる事なく
    させる事が出来ます。
    外壁にクラックが発生しても雨漏りしないので、
    クラックが出来やすい建物にとてもオススメの塗料です。
    こんなに優れた塗料ではありますが、
    弾性塗料の成分と窯業系サイディングの素材との
    相性が非常に良くなく、塗膜が硬化する工程で
    ブツブツと気泡を発してしまいます。
    ブツブツとした気持ち悪い塗膜になってしまいますので、
    不向きです。
    窯業系以外の、金属系や樹脂系、木質系の
    サイディングには採用可能です。

  • シーリングの打ち替え

  • 窯業系サイディング等ジョイント部分にシーリング施工を
    施している場合、シーリングは5年程度で劣化してしまいます。
    シーリングが劣化してしまうと雨漏りに発展してしまう事が
    ありますので、シーリングの打ち直しが必要となります。
    シーリングの打ち直しはあくまで打ち直しであり、
    打ち増しは絶対に行ってはいけません。
    既存のシーリングをカッターやペンチなどで綺麗に
    取り除いた上で、新規にシーリングを充填しましょう。
    打ち増しでは既存コーキングと新規コーキングが
    上手くなじみませんので、すぐにめくれ上がってしまい
    シーリング効果を発揮する事が出来なくなってしまいます。

  • 付帯部分の塗装も検討しよう

  • サイディング塗装の際に盲点になってしまう部分といえば、
    外壁の付帯部分です。
    サイディングを綺麗に塗装しても、付帯部分が汚いと
    外観の全体像が台無しとなってしまいます。
    外壁の塗装工事を行う際は、これらの付帯部分にも
    目を向けるようにすると失敗しにくいです。

    ・軒天
    ・雨樋
    ・各種フード類
    ・破風や淀、破風尻
    ・雨戸
    ・布基礎立ち上がり部分

    これらは外壁の近くに配置されていますので、
    古臭くとても目立ってしまいます。
    一緒に塗装を行う事で、サイディング塗装との
    調和をさせる事が出来ます。

  • 足場のシート養生は絶対に行わなければいけない

  • 外壁塗装の際に外部足場を設立しますが、
    この際白いシートで足場の外部を覆う事が基本となります。
    その理由は、塗装工事の際に塗料が浮遊して
    付着させてはいけない部分に付着させない為です。
    外壁塗装の際は鉄則の仮設工事なのですが、
    シート養生は㎡当たり200~300円程かかりますので、
    それが無駄な費用だと思われるお客様が居るようです。
    塗装屋さんはプロなんだから塗料を飛ばさずに塗装工事位出来るだろ、
    と思われるかもしれませんが、塗料というのは
    ふと風に乗って浮遊しますので、技術以前の問題です。
    スムーズがサイディング塗装工事を行う為には、
    外部足場のシート養生は必須となります。
    ネット養生の方が安価なのでそちらを選択する場合もありますが、
    ネット養生ではネットの隙間から塗料が浮遊してしまうので、
    意味がありません。

外壁サイディングの塗装工事は面倒だなと思われるかもしれませんが、
これらのポイントを把握しておくとスムーズに行う事が出来ます。
塗装工事は、内容を知るととても単純で簡単な工種です。
サイディングの塗膜保持はサイディングに対しても
建物に対しても大切な事ですので、
きちんと見極めて定期的にメンテナンスを行う様に心がけましょう。