下塗りの重要性

外壁塗装の下塗りの重要性!

外壁塗装というのは、ただ色のついたペンキを
塗って終わりの工事ではありません。

外壁塗装には、色を付ける塗装工程の前に
下塗りという大事な工程があります。

下塗りとは色を付ける前に行わないといけない工程なのですが、
下地に欠かせない重要な工程となります。

完成すると目に見えない部分となりますので、
なかなか重要性が注目されない工程です。

しかし、どんな役割でどのような重要性が
あるのかを把握すると、必要不可欠な工程だという事が
よく解ると思います。

下塗り工程にどのような重要性があるのか、
くわしくまとめてみました。

  • 外壁素材と塗装工程との接着剤の役目
  • 下塗りという工程は、外壁素材と塗装工程の
    密着を高める為に必要となる工程です。

    いきなり色のついた塗料を外壁素材に塗布しても、密着しません。
    塗布当初は密着しますが、たった数年で剥がれてしまいます。
    下塗りは、外壁素材と塗装工程との間にある、
    接着剤のような役目となります。

  • 塗料の吸込み止めとしての役目
  • 外壁塗装の塗り替えの場合は、外壁表面が
    傷などで痛んでいる場合が多くあります。

    そのまま塗料を塗布すると傷部分から塗料が
    必要以上に浸透してしまうので、綺麗な仕上がりとはなりません。
    塗料を綺麗に塗布し高い仕上がりとする為に、
    下塗り材が役立ちます。
    外壁の傷み具合が酷い場合は、
    2度塗りをする事で綺麗な塗装仕上げへと導きます。

  • 外壁素材の機能を高める
  • 外壁に下塗りを塗布する事で、
    外壁素材の機能を高める事が出来ます。
    外壁素材の劣化を防止させる事が出来ますので、
    外壁材の強度の劣化を防ぐ事が出来ます。
    下塗りを塗布しない事で外壁素材が劣化してしまい、
    外壁素材の補修も行わないと行けなくなってしまい
    多大な費用が掛かってしまう事があります。

このように、下塗りという工程は絶対必要であり、
必ず行わなければいけません。

絶対省く事は出来ない工程となりますので、
良く覚えておくようにしましょう。
ごくたまに、業者によっては下塗りが必要ないという業者も
いるようですが、絶対にそんな事は有り得ませんので注意しましょう。