訪問販売等の悪徳業者の場合は、
下塗りを行わず直接塗装工程のみで
外壁塗装を終わらせてしまう事があります。

塗替えの場合は塗装工程の内容が非常に大事となりますので、
どこの業者かわからないような業者に
外壁塗装工事を依頼する事は絶対にしてはいけません。

外壁塗装の下塗りは、この2つの種類があります。

  • シーラー
  • シーラーは、サイディング等の外壁塗装に扱う下塗り材です。
    プライマーと呼ぶ場合もありますが、どちらも同じ役割を発揮してくれます。
    よく使う代表的なシーラーと言えば、
    日本ペイントのファイン浸透シーラーがあります。
    水性タイプと、油性タイプがあります。
    外壁に採用する際は油性を使う事が多くありましたが、
    近年の健康ブームにより水性を採用する事も多くなりました。

  • フィラー
  • フィラーは、モルタル外壁やコンクリート外壁の下塗りに使用します。
    シーラーは塗料のような水っぽい物に対し、
    フィラーは粘度の高いモルタルの様な素材の下塗り材です。
    シーラーとパテ材が混ざっているような感じであり、
    膜厚な塗膜を作ってくれます。
    微弾性フィラーのようなゴムのような素材のフィラー材の採用が多く、
    モルタルやコンクリートによくあるクラックを防ぐ作用があります。
    フィラーは、水性しかありません。

外壁塗装というのは、ただ色のついたペンキを
塗って終わりの工事ではありません。

外壁塗装には、色を付ける塗装工程の前に
下塗りという大事な工程があります。

下塗りとは色を付ける前に行わないといけない工程なのですが、
下地に欠かせない重要な工程となります。

完成すると目に見えない部分となりますので、
なかなか重要性が注目されない工程です。

しかし、どんな役割でどのような重要性が
あるのかを把握すると、必要不可欠な工程だという事が
よく解ると思います。

下塗り工程にどのような重要性があるのか、
くわしくまとめてみました。

  • 外壁素材と塗装工程との接着剤の役目
  • 下塗りという工程は、外壁素材と塗装工程の
    密着を高める為に必要となる工程です。

    いきなり色のついた塗料を外壁素材に塗布しても、密着しません。
    塗布当初は密着しますが、たった数年で剥がれてしまいます。
    下塗りは、外壁素材と塗装工程との間にある、
    接着剤のような役目となります。

  • 塗料の吸込み止めとしての役目
  • 外壁塗装の塗り替えの場合は、外壁表面が
    傷などで痛んでいる場合が多くあります。

    そのまま塗料を塗布すると傷部分から塗料が
    必要以上に浸透してしまうので、綺麗な仕上がりとはなりません。
    塗料を綺麗に塗布し高い仕上がりとする為に、
    下塗り材が役立ちます。
    外壁の傷み具合が酷い場合は、
    2度塗りをする事で綺麗な塗装仕上げへと導きます。

  • 外壁素材の機能を高める
  • 外壁に下塗りを塗布する事で、
    外壁素材の機能を高める事が出来ます。
    外壁素材の劣化を防止させる事が出来ますので、
    外壁材の強度の劣化を防ぐ事が出来ます。
    下塗りを塗布しない事で外壁素材が劣化してしまい、
    外壁素材の補修も行わないと行けなくなってしまい
    多大な費用が掛かってしまう事があります。

このように、下塗りという工程は絶対必要であり、
必ず行わなければいけません。

絶対省く事は出来ない工程となりますので、
良く覚えておくようにしましょう。
ごくたまに、業者によっては下塗りが必要ないという業者も
いるようですが、絶対にそんな事は有り得ませんので注意しましょう。

漆喰が注目される中の特徴の1つに、耐用年数があります。

漆喰は、耐用年数は物凄く長い事をご存じでしょうか。

漆喰の耐久年数は、約100年と言われています。

漆喰自体は、半永久的な材料であり
無機質材料のような耐用年数の長さを発揮します。

昔から採用されてきた材料ですので、
間違いのないお墨付きの材料と言えます。

漆喰は費用が高上がりと言われてはいますが、
コスパを考えると右に出る物が居ないほど
素晴らしい材料なのです。

しかし、材料自体が100年持つといっても
、定期的なメンテナンスはとても大事となります。

建物にかかる動きなどにより、漆喰外壁に
不具合が発生してしまう事があります。

メンテナンスさえきちんとすれば、
半永久的に外壁材として使える素晴らしい材料なのです。

その為には、信用できるしっかりとした業者に
メンテナンスを依頼しなければいけません。

健康住宅を作るとても理想的な材料、漆喰。
新建材もいいですが、漆喰のような昔ながらの
外壁で穏やかな建物を演出してみませんか。
味のある素材に好みの塗装をブラスする事で、
洋風和風どちらの外観にも映える素晴らしい材料です。