ここ数年、自然素材を使った体や空間に優しい
住宅の建設がひそかなブームとなっております。

外壁に使う素材の種類として注目されているのが、
漆喰の外壁です。

漆喰というのは、水酸化カルシウムの素材で
出来ている外壁素材または塗料です。

元々は石灰という表示であり、仕上げ材というより
瓦や石の接着として使われる事が多く、
内壁や外壁の仕上げとしても古くから多く使われてきました。

不燃材料として使用が可能ですので、
昔は寺社や城郭にも使われてきた素晴らしい材料です。

二酸化炭素を吸収しながら少しずつ硬化していきながら
素材として作用する材料であり、
長い年月を掛けて完全な素材と化していきます。

健康的な空間を作ってくれる材料として、
年々注目されてきております。

カビやコケ、藻を綺麗に洗い流したあとは、
外壁塗装の塗り替えをオススメします。

外壁塗装を行って欲しい理由は、
これらの2つの理由があります。

  • 外壁に細かい傷がついている場合がある
  • 清掃をした後は少なからず外壁に傷がついてしまい、
    どうしても傷部分から汚れや雨水が浸透してしまう事があります。
    放っておくと外壁劣化や雨漏りに導いてしまう事が
    ありますので、良くありません。

  • カビが生えにくい塗装でカビ知らずの外壁に
  • カビやコケ、藻を取り除いても、出来やすい環境であることは
    間違いありませんので、またすぐにカビやコケ、藻が
    生えてしまう可能性があります。

    防ぐ為には、カビやコケ、藻が発生しにくい塗料を
    採用する事が1番となります。

    カビ剤が入ったツヤ有りの塗装を塗布すると、カビやコケ、藻が
    発生しにくい外壁とする事が出来ます。
    セルフクリーニング効果がある塗料も、オススメです。

カビやコケ、藻が出来てしまう外壁環境である事は
避ける事は出来ませんので、出来にくい状態に
してあげる事が1番となります。

カビやコケ、藻が出来ていると健康問題にも
発展してしまいますので、放っておいてよい事では絶対ありません。
カビやコケ、藻が無い外壁にし、快適な建物としましょう。

カビやコケ、藻の取り除き方法は、
外壁の仕上げ材によって異なります。
洗浄方法は、この2つの方法に分かれます。

  • モルタルやコンクリートの場合
  • 高圧洗浄機にて、綺麗に取り除きます。
    ある程度の汚れは水のみで水圧で取り除く事が出来ますが、
    重度のカビやコケ、藻の場合は洗浄剤を用いて綺麗に取り除きます。
    軽微な場合は家庭用の洗浄機でも綺麗に落とす事が出来ますが、
    重度な場合はプロの高圧洗浄機じゃないと綺麗に落とす事が出来ません。

  • サイディングの場合
  • サイディングに高圧洗浄機を使うと隙間から水が建物内部に
    侵入してしまう事がありますので、
    スポンジや特殊洗剤を用いて綺麗に取り除きます。

外壁の清掃は、業者に行ってもらう事が1番のオススメです。
素人が行った清掃と比べて、雲泥の差が出ます。

カビやコケ、藻は、中途半端に残して清掃を終わらせると、
残った胞子からまた繁殖してしまい、
瞬く間に同じ状態となってしまいます。

完全に綺麗に取り除く事が大事となりますので、
中途半端にご自分で行おうと思わずに
必ず業者に綺麗に取り除いてもらうようにしましょう。