外壁のカビやコケや藻を放っておくと、どうなる?

カビやコケ、藻は、外壁の手入れを
していないから繁殖する訳ではありません。

カビやコケ、藻が出来にくい条件の建物の場合は、
外壁の清掃を全くしなくてもカビやコケ、
藻は一切発生しません。

胞子が発生しやすい環境によって、
菌が出来てしまうと一気に繁殖してしまいます。

その為、新しい外壁であっても
環境によってはすぐに繁殖してしまいます。

恐ろしいのは、カビやコケ、藻は
外壁塗膜をも侵してしまう事です。

カビやコケ、藻は、放っておくと
外壁塗膜を簡単に侵してしまい外壁塗装を
劣化させてしまいます。

カビやコケ、藻は、だたの汚れではありませんので、
放置したままにしてはいけません。

外壁塗装を侵し雨漏りの原因となってしまいますので、
建物に致命的な影響を与えてしまいます。

一見、汚いだけに見えがちですが、
強烈な悪さをしてしまう厄介者です。

カビやコケ、藻が発生しているという事は、
既に外壁塗装が侵されている証拠となりますので、
重く受けとめるようにして対処するようにしましょう。

カビやコケ、藻は、洗浄して綺麗に全て取り除かなければいけません。

軽度なカビやコケ、藻は、スポンジや
中性洗剤、漂白剤などで綺麗に取り除く事が出来ます。

しかし、気が付く程度のカビやコケ、藻は、
既にスポンジや中性洗剤、漂白剤では
綺麗に落としにくい状態にある事がほとんどです。

その場合は、業者に依頼して綺麗に取り除いてもいらいましょう。