外壁のカビやコケや藻はどんなところに出来やすか

カビやコケは中性の場所を好むと前回お伝えしましたが、
具体的にはどんな場所を好むのか上げてみましょう。

  • 北側等日の当たりにくい場所
  • 紫外線が当たりにくい場所に出来やすい傾向があり、
    北側や陰になる日当たりの悪い部分を好みます。

  • 塀や草木の影
  • 塀や草木の影は菌が発生しやすく、
    菌が外壁に付着する事で発生します。

  • 近くに川や湖などがある
  • 近くに川や湖などがあるとどうしても
    湿度が高くなってしまいますので、
    湿度の関係で菌が発生しやすくなり、
    カビやコケ、藻が出来やすくなってしまいます。

  • 周辺に緑が多い
  • カビやコケ、藻は、都市部の住宅街より郊外に
    建っている外壁に発生する事が多くあります。

    その理由は、緑がいっぱいある事で
    カビやコケ、物胞子がいっぱい飛んでいるからです。

    また、庭木がいっぱいあるお宅でも、
    発生する確率が高くなります。

  • ザラザラした外壁表面
  • ザラザラした外壁表面の場合は、
    細かい凹凸部分に雨水などの湿気が残りやすいために、
    カビやコケ、藻の根が張りやすい状態となってしまいます。

    ツルツルした外壁よりも発生しやすいので、
    注意が必要となります。

  • ひさしが浅い若しくは無い
  • ひさしが浅かったり無い場合は、
    雨が外壁に直接当たってしまいます。
    その為、梅雨の時期など雨が多い季節となると
    菌が発生しやすくなり、カビやコケ、藻が
    繁殖しやすくなってしまいます。