カビやコケ、藻

外壁にカビやコケや藻を放置しないで!

外壁の経年劣化により見受けられるものとして、
カビやコケ、藻等があります。

見た目にも汚いですし、いい気はしないですよね。

外壁にカビやコケ、藻はなぜ発生するのか、ご存じでしょうか。

それは、外壁が経年により中性化される状態により発生します。

中性というのは、酸性でもアルカリ性でもない状態です。

中性という状態は、カビやコケ、藻が大好きな絶好の環境です。

カビやコケ、藻は、中性で且つ適度な温度と湿度の状態を好み、
その状態が続く事で徐々に発生しやすくなってしまいます。

カビやコケ、藻は植物ですが、普通の植物とは全く違います。

胞子を飛ばして繁殖しますので、
堅い下地にでも簡単に根を張る事が出来ます。

この様な環境の外壁に、カビやコケ、
藻が出来やすくなってしまいます。