カビやコケ、藻は、外壁の手入れを
していないから繁殖する訳ではありません。

カビやコケ、藻が出来にくい条件の建物の場合は、
外壁の清掃を全くしなくてもカビやコケ、
藻は一切発生しません。

胞子が発生しやすい環境によって、
菌が出来てしまうと一気に繁殖してしまいます。

その為、新しい外壁であっても
環境によってはすぐに繁殖してしまいます。

恐ろしいのは、カビやコケ、藻は
外壁塗膜をも侵してしまう事です。

カビやコケ、藻は、放っておくと
外壁塗膜を簡単に侵してしまい外壁塗装を
劣化させてしまいます。

カビやコケ、藻は、だたの汚れではありませんので、
放置したままにしてはいけません。

外壁塗装を侵し雨漏りの原因となってしまいますので、
建物に致命的な影響を与えてしまいます。

一見、汚いだけに見えがちですが、
強烈な悪さをしてしまう厄介者です。

カビやコケ、藻が発生しているという事は、
既に外壁塗装が侵されている証拠となりますので、
重く受けとめるようにして対処するようにしましょう。

カビやコケ、藻は、洗浄して綺麗に全て取り除かなければいけません。

軽度なカビやコケ、藻は、スポンジや
中性洗剤、漂白剤などで綺麗に取り除く事が出来ます。

しかし、気が付く程度のカビやコケ、藻は、
既にスポンジや中性洗剤、漂白剤では
綺麗に落としにくい状態にある事がほとんどです。

その場合は、業者に依頼して綺麗に取り除いてもいらいましょう。

カビやコケは中性の場所を好むと前回お伝えしましたが、
具体的にはどんな場所を好むのか上げてみましょう。

  • 北側等日の当たりにくい場所
  • 紫外線が当たりにくい場所に出来やすい傾向があり、
    北側や陰になる日当たりの悪い部分を好みます。

  • 塀や草木の影
  • 塀や草木の影は菌が発生しやすく、
    菌が外壁に付着する事で発生します。

  • 近くに川や湖などがある
  • 近くに川や湖などがあるとどうしても
    湿度が高くなってしまいますので、
    湿度の関係で菌が発生しやすくなり、
    カビやコケ、藻が出来やすくなってしまいます。

  • 周辺に緑が多い
  • カビやコケ、藻は、都市部の住宅街より郊外に
    建っている外壁に発生する事が多くあります。

    その理由は、緑がいっぱいある事で
    カビやコケ、物胞子がいっぱい飛んでいるからです。

    また、庭木がいっぱいあるお宅でも、
    発生する確率が高くなります。

  • ザラザラした外壁表面
  • ザラザラした外壁表面の場合は、
    細かい凹凸部分に雨水などの湿気が残りやすいために、
    カビやコケ、藻の根が張りやすい状態となってしまいます。

    ツルツルした外壁よりも発生しやすいので、
    注意が必要となります。

  • ひさしが浅い若しくは無い
  • ひさしが浅かったり無い場合は、
    雨が外壁に直接当たってしまいます。
    その為、梅雨の時期など雨が多い季節となると
    菌が発生しやすくなり、カビやコケ、藻が
    繁殖しやすくなってしまいます。

外壁の経年劣化により見受けられるものとして、
カビやコケ、藻等があります。

見た目にも汚いですし、いい気はしないですよね。

外壁にカビやコケ、藻はなぜ発生するのか、ご存じでしょうか。

それは、外壁が経年により中性化される状態により発生します。

中性というのは、酸性でもアルカリ性でもない状態です。

中性という状態は、カビやコケ、藻が大好きな絶好の環境です。

カビやコケ、藻は、中性で且つ適度な温度と湿度の状態を好み、
その状態が続く事で徐々に発生しやすくなってしまいます。

カビやコケ、藻は植物ですが、普通の植物とは全く違います。

胞子を飛ばして繁殖しますので、
堅い下地にでも簡単に根を張る事が出来ます。

この様な環境の外壁に、カビやコケ、
藻が出来やすくなってしまいます。