クラック補修

クラック補修の時は塗装も一緒に!

鉄筋コンクリート造のクラック補修の場合、
外部足場を設置した補修となります。

クラック補修の際はどうしても補修箇所が目立ってしまい、
且つ足場を掛けて補修を行うので、
出来れば外壁塗装工事も行って綺麗に仕上げるようにしましょう。

よく、鉄筋コンクリート造のクラック補修のみをして
完成している建物を見かける事がありますが、
クラック補修しかしていないので補修箇所が
目立ってしまい、見た目に良くありません。

その上から綺麗に塗装工事を行う事で、
見た目も綺麗によみがえります。

クラック補修の際にオススメの塗装は、模様付けの塗装です。

クラック補修をしたという事で、
どうしても表面が平らに仕上がりにくい傾向があります。

わざわざ平らにしようとはせず、
模様付けの塗装でカッコよく仕上げてみましょう。

膜厚が厚い塗装がオススメであり、
吹付けタイルやジョリパットなどにするとよいでしょう。

弾性が高い塗料を採用すると、
再度クラックが発生しても塗膜がゴムのように伸びるので、
雨漏り等の不具合がおきにくい外壁とする事が出来ます。

外壁を確認して、明らかなクラックがある場合は補修が必要となります。

鉄筋コンクリートは頑丈な躯体ですので、
少しのクラック程度であれば問題ないと
勘違いされる方も多いようですが、それは大きな間違いです。

軽度の状態で補修をすれば少ない費用で済みますので、
変だなと思ったらすぐに業者に問い合わせするようにしましょう。

クラックを補修して定期的に外壁塗装を行っていく事で、
丈夫な建物を維持する事に繋げる事が出来ます。

50年100年と長持ちできる建物を作る為には、
クラック補修と外壁塗装はとても大事となります。