クラック補修の対処方法について

クラックの補修は、クラックの太さにより対処方法が違います。

0.5㎜未満のクラックの場合は、
フィラーを刷り込んで塗布し平らにするだけでOKです。

0.5㎜以上のクラックの場合は、
コーキング処理若しくはエポキシ樹脂注入により補修を行います。
方法は、このような2つの方法により行っていきます。

① Uカット工法

  • Uカット処理
  • 電動カッターを用いて、クラック幅を10㎜×10㎜程度に
    Uカット処理し、綺麗に清掃します。
  • コーキング施工に先立ち、プライマーを塗布します。
  • 2液形コーキングを、充填します。
  • コーキングが硬化した後、カチオンフィラーで平らに仕上げます。
  • フィラーとは、ドロドロとした下塗り材であり、
    塗膜厚が厚くなる肉厚によりクラックを平らにして補修します。

② エポキシ樹脂注入工法
  • φ5㎜の電動ドリルで、コンクリートの裏側に達するまで注入孔をあけて、
    圧縮空気を吹き付けてコンクリート粉末を綺麗に清掃します。
  • 注入孔の位置に、注入台座を取り付けます。
  • クラック部分にプライマーを塗布し、
    厚さ2㎜程度になるように2液性コーキングを充填します。
  • 低圧ポンプ若しくは注入器具を用いて、エポキシ樹脂を充填します。
  • エポキシ樹脂硬化後、注入器具を取り除きます。

この様なクラック補修施工は、特殊な作業となります。
その為、外壁塗装や防水工事の職人さんであれば誰でも行える事ではありません。

特に、エポキシ樹脂の作業というのは材料を規定通りに
扱って施工を行う事で効果を発揮させる事へと繋がりますので、
クラックの専門家である職人さんに工事を依頼しなければなりません。

訪問販売等の業者に外壁クラックを
指摘されて施工をお願いするお客様も居るようですが、
エポキシ樹脂の施工は有資格者しか
出来ませんので絶対に依頼しないようにしましょう。

エポキシ樹脂施工の場合、国家資格における
樹脂接着剤注入技能士という資格があります。

樹脂接着剤注入技能士を最低でも1人置いて
工事を行わないといけませんので、
エポキシ樹脂の工事を行う場合は、
有資格者の有無を確認するようにしましょう。